会社概要company

今まで様々な化粧品を試したけれど実感が分かりにくかった方へ、「最後の化粧品」として使っていただきたいという想いを込めて、妥協なく作り上げました。

  1. 特定商取引法に基づく表記

    ショッピングガイド

  2. 個人情報保護方針

    プライバシーポリシー

  3. 企業理念

    「体感できること」※にこだわった製品づくり

40代からの肌活!目の下のたるみを解消して目ヂカラアップ!

しわ・たるみ

良い意味でも悪い意味でも、歳をとれば誰しも顔つきが変わってくるものですが、悪い方の変化のひとつに「目の下のたるみ」が挙げられます。

若い頃は全く気にならなかったのに、40代になって急に目の下のたるみがひどくなり、その部分はお化粧ノリもイマイチ・・・と実感されている方も多いのではないでしょうか?

40代から気になりだす目の下のたるみは、一気に老け顔化を加速させる厄介なもの。

正しく肌活して、若々しい表情を取り戻しましょう!

40代、目の下のたるみの原因

加齢と共に、いつの間にかあらわれる目の下のたるみ。

正しくアプローチするためには、たるみの原因を正しく知ることが不可欠です。

ここでは、目の下のたるみの主な原因となる2つのポイントを解説します。

「目元の筋力低下」で、目元のお肉を支えきれなくなるため

顔のしわやたるみが表情筋の衰えによって生じることと同様、目の下のたるみもまた、目元の筋肉が衰えることであらわれます。

目の周りには「眼輪筋」という筋肉があり、この筋肉の働きによってまぶたを動かしたり、目元のお肉が支えられていたりしますが、この眼輪筋が衰えてしまうことで重力によって目元の脂肪が下方向に垂れ下がり、結果としてたるみの原因になるというわけです。

乾燥によるハリ低下

目元のお肉が垂れ下がってしまう理由は、筋力の低下だけではありません。

加齢と共に、ピンとハリのあるお肌でなくなってしまうこともまた、目元のたるみの原因となります。

ハリのあるお肌を形成するのはコラーゲンやエラスチン、ビタミンC等の成分ですが、これらは乾燥や紫外線等の外的なダメージを受けることで失われてしまいます。

特に乾燥は目元のちりめんじわの原因ともなりますから、40代以降はしわ・たるみ対策として、乾燥を防ぐことに注意が必要です。

40代の目の下のたるみに効くアプローチとは?


さて、これまでのお話から、40代から気になりだす目の下のたるみの原因は、主に「筋力低下」と「乾燥」であることが分かりました。

こうした原因を踏まえて正しく肌ケアすることで、目の下のたるみはぐんと改善されます。

眼輪筋を鍛えて、すっきり目元美人に

まずは目元の筋力アップのために、眼輪筋を鍛えることです。 ここでは、ちょっとしたスキマ時間に簡単に行える「眼輪筋トレーニング」をご紹介しましょう。

①目を細めて下まぶたの周りを鍛える
目をキュッと細める動きを繰り返してみましょう。この動作によって、下まぶたの眼輪筋を鍛えることができます。

②目尻を上方外側に押し上げつつ目を閉じる
下まぶたの動きを意識して、目を「閉じる」、「開く」を繰り返します。

③上まぶたを引き上げ、そのまま目を閉じる
上まぶたを十分に動かすことができないため、下まぶたの力を鍛えることができます。

このような簡単な動作でも、目元をしっかり鍛えることができます。 毎日続けることで、たるみ知らずのスッキリとした目元が実現します。

しっかり保湿でハリのある目元を作る

お肌の保湿はどの年代でも重要なキーワードですが、とりわけ乾燥しやすい目元の保湿は、40代でしわ・たるみが気になり始めた方にとって特に重要なポイントとなります。

就寝前にはアイクリームを使用して、失われた目元のハリや弾力を取り戻すようにすると、たるみやちりめんじわの改善につながります。

40代で目元のたるみが気になりだした皆さんは、ぜひ今日から、目元のトレーニングと保湿ケアを心がけてみてください。

たるんでしまった目元は、正しい肌活を講じることでしっかりケアしましょう!

免責事項
このサイトは、スキンケアに関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している情報の正確性を確保するために合理的な努力をしますが、情報の正確性、完全性及び適時性等について何等の保証するものではありません。
■ あらゆる肌のトラブルには個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載しているスキンケアの方法、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

【スキンケアアドバイザー監修】吉田 美幸

関連記事