会社概要company

今まで様々な化粧品を試したけれど実感が分かりにくかった方へ、「最後の化粧品」として使っていただきたいという想いを込めて、妥協なく作り上げました。

  1. 特定商取引法に基づく表記

    ショッピングガイド

  2. 個人情報保護方針

    プライバシーポリシー

  3. 企業理念

    「体感できること」※にこだわった製品づくり

目の下の脂肪の原因を解消してハリを取り戻す

しわ・たるみ

たるんだ目元は老け顔の原因となる他、どことなくだらしない印象を与えます。

気になる目元のたるみの原因は、ずばり「脂肪」。

目の下の脂肪はなぜたるんでしまうのか、たるみを解消してハリのある目元を取り戻すにはどうしたら良いのかを考えてみましょう。

目の下の脂肪の正体「眼窩脂肪」はなぜ目立つようになる?

目の下のたるみとなる脂肪は、「眼窩脂肪」といって、通常は上まぶたや下まぶたの眼球周辺に収まっています。

ところが、年齢とともに眼窩脂肪を包む眼窩隔膜が緩み、脂肪が重力とともに下がると、次第に前方につき出してくるようになります。

この突出によって生じるのが、目元のたるみです。

加齢に伴う「目元の筋力低下」

眼窩脂肪がたるみとなって目立つようになる最大の理由は、「眼輪筋の衰え」にあります。通常、眼窩隔膜を含む眼窩脂肪は眼輪筋によって支えられ、上下のまぶたに収まっています。

ところが、加齢と共に目元の筋力が低下し、さらに眼窩隔膜にゆるみが生じると、眼輪筋が目の下の脂肪を支えきれなくなり、結果的にたるみとして目立つようになるのです。

目の下の脂肪のたるみは「クマ」ができると一層目立つ

目の下の脂肪のたるみはそこまでではなくても、目元のくすみ、いわゆる「クマ」によって実際よりも目立って見えることがあります。

ひと口に「クマ」といっても、赤みを帯びたものや寝不足によって生じる青っぽいクマ、色素沈着によって生じる茶クマ、目元の細かなシワによって生み出される黒クマ等がありますが、そのどれもが目の下の脂肪を強調する原因となるのです。

目の下の脂肪を改善しよう!今日から取り組める3つのたるみ対策


すでに生じてしまった目の下の脂肪のたるみは、これまで解説してきた原因に正しく働きかけることでハリを取り戻し、改善することができます。

あまりに症状が深刻な場合はセルフケアが難しいこともありますが、まずはご自身で無理なくできることから始めましょう。

気になる目の下の脂肪は「目元トレーニング」で引き締める

目の下のたるみ対策として、まず行うべきは「眼輪筋への働きかけ」です。

お腹のたるみが気になる時にも、腹筋運動で引き締めることができますよね。

目元も例外ではなく、筋肉を鍛えることで脂肪を目立たなくさせることができます。

以下にご紹介するトレーニングを、左右それぞれの目に対して毎日5セットずつ行ってみてください。

① 上まぶたを指で軽く抑えて固定する
② 眼輪筋に力を入れるイメージで、下まぶたに力を入れて引き上げる
③ ②で引き上げた下まぶたを、ゆっくり下げて元の位置に戻す

目元の脂肪を強調するクマ・くすみ対策には「顔ヨガ」が効果的

目元のトレーニングに加え、「顔ヨガ」を実践することで、顔全体の血流の正常化され、新陳代謝促進やむくみ解消効果が期待できます。

新陳代謝が活発化することで、目元のクマやくすみが目立たなくなります。顔ヨガといっても、難しいものではありません。

顔のパーツすべてをぎゅっと中央に寄せ、10秒ほどキープした後にゆっくり戻す動作だけでも十分効果的なので、ぜひお試しください。

目元のハリを取り戻すために「保湿」を強化

たるみ知らずのハリのあるお肌を目指すためには、スキンケアにも気を遣いましょう。

コラーゲンやエラスチン等の成分をふんだんに含んだ、お肌にしっとりと潤いを与えるタイプの化粧水や乳液、美容液を活用するのがお勧めです。

目元のたるみ対策として、専用のアイクリームを併用するとより一層効果的です。

気になる目元のたるみは解消できます!

諦めず、目元トレーニングや保湿ケアに注力しましょう。

免責事項
このサイトは、スキンケアに関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している情報の正確性を確保するために合理的な努力をしますが、情報の正確性、完全性及び適時性等について何等の保証するものではありません。
■ あらゆる肌のトラブルには個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載しているスキンケアの方法、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

【スキンケアアドバイザー監修】大田夕華子

関連記事