会社概要company

今まで様々な化粧品を試したけれど実感が分かりにくかった方へ、「最後の化粧品」として使っていただきたいという想いを込めて、妥協なく作り上げました。

  1. 企業理念

    「体感できること」※にこだわった製品づくり

  2. 特定商取引法に基づく表記

    ショッピングガイド

  3. 個人情報保護方針

    プライバシーポリシー

今すぐ出来る顔のしわ取り体操、顔ストレッチで表情美人に!

しわ・たるみ

朝起きて、すっぴんのまま鏡を覗くと、自分自身の顔のしわに愕然・・・。

すでにできてしまった顔のしわについては、多くの女性が「仕方のないもの」と諦めていますが、実は、気になる顔のしわはしわ取り体操で改善できます。

さっそく今日から顔のしわ取り体操、顔ストレッチを実践し、若々しい表情を取り戻しましょう。

なぜ、顔のしわ取り体操が効くの?


皆さんは日頃から、表情豊かな生活ができているでしょうか?

おそらく、歳を重ねるにつれ、若いときよりも無表情、真顔で過ごすことが多くなっている方がほとんどでしょう。

顔の筋肉が硬くなるとしわが増える理由

顔の筋肉、つまり表情筋は、普段動かさない状態が続くことに加え、加齢による組織変質も相まって、皮膚同様、しなやかさや弾力を失い、硬くなっていきます。

顔の皮膚や筋肉が硬くなるとどうなるかといえば、普段の表情癖によって刻まれるしわを内側から跳ね返すことができず、年月と共に深く刻まれていきます。

また、顔の皮膚や筋肉は使わないことで弱りますから、加齢によって皮膚や肉を支えきれなくなり、徐々に垂れ下がります。

このように、皮膚と筋肉の硬化こそが、顔のたるみやしわの直接的な原因となるのです。

無表情はしわの天敵

顔の皮膚も筋肉も、意識的に動かすことで活性化され、しなやかさや弾力を取り戻すことができます。

ずっと無表情でいることは、しわやたるみ対策を考える上ではまさに「百害あって一利なし」。

幸い、顔は身体の他の部位よりも表面積が小さいため、少し行うだけで効果がはっきりと現れます。

現状、「本当に効果があるの?」と半信半疑の方も、ぜひ今日から顔のしわ取り体操を始めてみてください。

簡単!顔のしわ取り体操、顔ストレッチであなたも表情美人に


顔のしわ取り体操は、顔ストレッチや顔ヨガ、顔筋トレ等と表現されることがあります。

特に準備するものはなく、思い立ったらすぐに取り組めることが、顔のしわ取り体操のメリットです。

朝のメイク前の3分間、実践してみましょう。

頭皮マッサージで準備運動

顔の筋肉をほぐすために、まずは指を使って頭皮を軽くマッサージしましょう。

①10本の指で、「頭皮を掴んで、離す」を頭全体に繰り返し行います。

②その後、握りこぶしを作り、指の第二関節でぐるぐると小さな円を描くように回しながら、頭全体をほぐしていきます。

目元のしわを取る「おでこをロック」する動作がおすすめ

顔ヨガのエクササイズを3つ、ご紹介します。目元のしわ、たるみの改善には「おでこをロック」する動作がおすすめです。

①まずは、額(ひたい)に手を当てる形にして、額と眉が動かないように固定します。手で眉を横に引いて、5秒間目を細めます。

②目を細めた後に、眉が上がらないようにして、おでこを手で下に引っ張りながら5秒間、目を大きく見開きます。これを3~5セット行います。

目元のちりめんじわは「お」と「は」の口の状態で解決

①あごを下に下げ、口を「お~」の形にして顔を上と下に伸ばすように意識する。同時に、鼻下もしっかり伸ばすようにすると効果的です。

②歯に唇を巻き込むようにして、口角を上げ、口を「は」の形にして頬を持ち上げる。

これを3回繰り返します。

気になるほうれい線には「口の中に空気を入れて膨らませます」

①唇をしぼませるように閉じて、頬に空気を入れて、口の中のの空気を右に移動させた状態で5秒止めます。

②口の中の空気が漏れないように注意しながら、口の中の空気を左に移動させた状態で5秒止め、最後に口全体に空気を入れて5秒止めます。

これを2~3回行ってください。

顔のしわ取り体操はやり過ぎに注意

しわ取り体操はいつでもどこでも簡単にできるので、しわをなくしたいあまり、つい夢中になってやり過ぎてしまう方も少なくありません。

しかしながら、しわ取り体操本来の目的は「正しく筋肉を動かすこと」にあり、数多くこなすことではありません。

「一回一回の体操をじっくり丁寧に行うこと」に意義があることを意識して、毎日少しずつ、コツコツ行いましょう。

免責事項
このサイトは、スキンケアに関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している情報の正確性を確保するために合理的な努力をしますが、情報の正確性、完全性及び適時性等について何等の保証するものではありません。
■ あらゆる肌のトラブルには個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載しているスキンケアの方法、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

【スキンケアアドバイザー監修】大田夕華子

関連記事

肌悩みケアから選ぶ

製品タイプから選ぶ