会社概要company

今まで様々な化粧品を試したけれど実感が分かりにくかった方へ、「最後の化粧品」として使っていただきたいという想いを込めて、妥協なく作り上げました。

  1. 企業理念

    「実感できること」にこだわった製品づくり

  2. 特定商取引法に基づく表記

    ショッピングガイド

  3. 個人情報保護方針

    プライバシーポリシー

自宅で今すぐ始めたい顔のしわ・たるみをなくす方法

しわ・たるみ スキンケア

40代を迎えた頃から、徐々に気になりだす顔のしわやたるみ。

シミやそばかすならメイクである程度ごまかすことができますが、表情にくっきりと現れる加齢のサインは、コンシーラーやファンデーションで隠そうとするとかえって不自然に感じられることも。

しわ・たるみ対策は、「隠す」のではなく、根本原因へのアプローチによって「抑える」という視点が大切です。

この記事では、

・加齢とともに顔のしわ・たるみが目立つようになる原因
・自宅で今すぐ始められる、顔のしわ・たるみに効くスキンケア

をご紹介しましょう。

歳を重ねると顔のしわ・たるみが目立つのはなぜ?


表情にしわやたるみが生じる原因にはいくつかありますが、中でも「加齢」はすべての女性にとって避けて通ることのできない要因です。

加齢に伴うしわは「バリア機能低下」のサイン

まず、加齢によってしわが生じるのは、ずばり「肌のバリア機能の低下」のため。

皮脂やコラーゲン、エラスチン等のお肌のハリを支える成分が減少するため、表皮のさらに下の真皮レベルで弾力性が失われ、乾燥が進みます。これがしわの元となるのです。

たるみの原因は、加齢に伴う「肌の弾力性の低下」

また、加齢に伴って皮膚組織のさらに下にある筋肉が衰えることで、肌全体が垂れ下がり、たるみが生じます。

一般的に、歳をとると若いころと比べて皮膚が薄くなり弾力を失いますが、このことで皮膚が顔全体の肉を持ち上げにくくなることが、加齢に伴うたるみの原因のひとつとなります。

自宅で今すぐ始められる、顔のしわ・たるみに効くスキンケアの方法


加齢に伴う顔のしわ・たるみは、どんなに美容に気を遣っている方にも、程度の差こそあれ必ず生じるものです。

しかしながら、「年齢には逆らえないから」と諦めてはいけません。

歳を重ねることで生じる顔のしわやたるみは、エステサロンで特別な施術を受けなくても、自宅で行う日頃のお手入れにひと手間加えるだけで、ぐっと抑えることができます。

自宅で簡単♪しわ・たるみ対策に効くスキンケア①「こすらない」

多くの女性のお手入れをみていると、意図せず必要以上に肌をこすっているケースは多々見受けられます。

例えばメイク落としの際、美容液を馴染ませる際、ファンデーションを塗る際等に、指先に力が入っていないでしょうか?

肌表面に摩擦を生じさせると、肌のバリア機能はぐんと低下し、一気に表情に加齢が進みます。

自宅で簡単♪しわ・たるみ対策に効くスキンケア②「なじませる」

メイク落としも化粧水や美容液も、あくまで「なじませること」を意識して、なるべく力を込めないように肌に浸透させるのがお勧めです。

基本的には手のひら全体で包み込む様にするのが良いでしょう。

また、目元やほうれい線など、ピンポイントでのお手入れが必要で特にしわ・たるみが気になる部分については、力を込めにくい薬指を使うとやさしいケアが実現します。

自宅で簡単♪しわ・たるみ対策に効くスキンケア③「紫外線ケア」

乾燥は、肌の加齢を進行させる要素となります。

乾燥によって表皮レベルの浅いしわが癖付き、このしわが徐々に深いしわとなって顔に刻まれるようになるのです。また、乾燥によって肌のバリア機能が低下すると肌は弾力を失い、これがたるみの原因となります。

肌乾燥の引き金となる紫外線対策は、年間を通じて行いましょう。

UVケアはもちろん、紫外線によってダメージを受けた肌の保湿も念入りに。

顔のしわ・たるみ対策の基本は、丁寧なスキンケアにあります。

加齢に伴う症状は、完全になくすことはできなくても、抑えることが可能です。

「もう手遅れ」と諦めず、今日から始めてみませんか?

免責事項
このサイトは、スキンケアに関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している情報の正確性を確保するために合理的な努力をしますが、情報の正確性、完全性及び適時性等について何等の保証するものではありません。
■ あらゆる肌のトラブルには個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載しているスキンケアの方法、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

【スキンケアアドバイザー監修】大田夕華子

関連記事

肌悩みケアから選ぶ

製品タイプから選ぶ