会社概要company

今まで様々な化粧品を試したけれど実感が分かりにくかった方へ、「最後の化粧品」として使っていただきたいという想いを込めて、妥協なく作り上げました。

  1. 特定商取引法に基づく表記

    ショッピングガイド

  2. 個人情報保護方針

    プライバシーポリシー

  3. 企業理念

    「体感できること」※にこだわった製品づくり

目の下のふくらみを改善する方法

しわ・たるみ

若いアイドルの目元にある涙袋の可愛らしさとは異なり、加齢に伴って年々ひどくなる目の下のふくらみは、周囲に老けた印象を与えるだけでなく、どこか不気味で暗い雰囲気さえ漂わせます。

現状、目の下のふくらみにお悩みの皆さんであれば、一日も早く気になる症状を改善したいと考えていることでしょう。

目の下のふくらみの原因を知り、改善方法について前向きに考えてみませんか?

目の下のふくらみは「脂肪」で出来ている!

目の下のふくらみは、ずばり垂れ下がり、突出した眼窩脂肪そのもの。

涙袋よりも下の方にたるみが生じ、目の下のふくらみのせいで頬も全体的に垂れ下がったように見えてしまいます。

目の下に脂肪のふくらみ…原因は?

いつの間にか生じる目の下のふくらみは、なぜ目立ってくるのでしょうか?

その原因には、眼球が収まる頭蓋骨のくぼみ(眼窩)自体が狭かったり、頬骨がへこんでいたりなど骨格の問題であったり、そもそも眼窩脂肪の量が人よりも多かったりなどの身体的な問題が関係している可能性が高いといえますが、その他にも目元の筋肉の緩みが影響していることもあります。

気になるクマ、実は「目の下のふくらみ」が原因かも

また、ご自身で目の下のふくらみを自覚していなくても、目元のクマが気になるという方の場合、「悩みのタネは目の下のふくらみやたるみにあった」というケースも考えられます。

ひと口にクマといっても様々種類がありますが、黒っぽい、影のようなクマは、目元の脂肪のふくらみやたるみが原因になっています。

目の下のふくらみを改善しよう


気になる目の下のふくらみは、「目元の筋力アップ」と「ハリ・弾力の回復」を図ることで改善できる可能性があります。

また、「今すぐ目の下のふくらみを隠したい」という場合には、メイクによって目立たなくさせることもできます。

「目元エクササイズ」で気になる脂肪を引き締める

目の下のたるみは、目元をよく動かすことを意識することで改善しましょう。

そのためには、表情豊かな日常生活を送ることに加え、目元エクササイズの実践が効果的です。

下まぶたのふくらみを隠すために、以下の運動を、左右両方の目で1日5セットを目安に行います。

簡単な動作ですが、毎日繰り返し行うことで下まぶたのエクササイズを行うことができます。

① 下まぶたの上に指を置きます
② 下まぶたを内から外の向かってゆっくりとなでるようしてください
③ この動作を5回繰り返します

目元にハリを生み出す基礎化粧品を活用する

目の下のエクササイズと併せて、日常の目元ケアに取り入れたいのが、「ハリ・弾力のアップに効果的なアイクリームの活用」です。

目元専用クリームにはいくつも種類がありますが、大人のスキンケアアイテムは「成分」にこだわりましょう。

具体的には、ハリ・弾力を生み出す「コラーゲン」や「ペプチド」などのエイジングケア成分に注目します。

そしてもちろん、美肌作りの基本となる「保湿」効果の高いものを選ぶのが大原則です。

お急ぎの場合は、目元のメイクでふくらみを隠す

気になる目の下のふくらみは目元のエクササイズやスキンケアで改善できます。

しかし、「どうしても今日、何とかしたい!」という場合には、メイクで目立たなくさせてしまうのも手です。

方法としては、たるみで陰になっている部分に「コンシーラーを叩きこむ」「チークをのせてなじませる」などが挙げられます。

いずれも、何もしないよりはたるみを目立たなくさせることができますので、参考にしてみてください。

免責事項
このサイトは、スキンケアに関する情報提供を目的としております。
■ このサイトに記載している情報の正確性を確保するために合理的な努力をしますが、情報の正確性、完全性及び適時性等について何等の保証するものではありません。
■ あらゆる肌のトラブルには個人差がありますので、効果の保証は致しかねます。ご自身の責任においてご参考ください。
■ またこちらに記載しているスキンケアの方法、食事等を参考にしたことで、万一いかなる損害が生じた場合においても、当サイトはその結果に責任を負うものではありません。

【スキンケアアドバイザー監修】大田夕華子

関連記事